Global Home別ウィンドウ

食品

事業紹介

食品

事業紹介

食品

輸送・保管中の冷蔵・冷凍機械の故障や作業員の操作ミスのために、毎年、何億円と言う商品が損傷しています。これらは、直接的な損失につながるだけでなく、長年にわたって築き上げた評判を損ねブランドイメージの低下にもつながります。
生鮮食品や冷凍食品など温度の影響を受ける食品を扱っている企業は、サプライチェーン・ビジビリティを戦略的に活用することによって、市場シェアやブランド価値を向上させていくことが可能です。
Sensitech® は、お客様のサプライチェーンの改善に対して科学的なアプローチでサポートします。その最終目標は、消費者に優れた品質と食の安全を提供することにあります。
従来の温度モニタリングの方法では、輸送中の温度逸脱の有無を知ることで輸送品の受領可否の判断や決定は出来ますが、コールドチェーン問題の根本原因の特定や対策立案はできません。
Sensitech®のエキスパートチームは、サプライチェーンのどの部分に脆弱性があるかを特定し、継続的なプロセス改善に向けた合理的なリスクベースのアプローチの開発を支援いたします。

Sensitech® の専門分野

・ 標準作業手順(SOP)
・ 物流および輸送管理
・ 荷役業務
・ 倉庫冷蔵・冷凍管理
・ 冷凍・冷蔵設備操作
・ 海上・航空輸送

導入事例

TempTale4® RFを使った無線データ収集システム

食品

Sensitech® のTempTale RF を活用したワイアレスモニタリングを通じて、輸送品ごとの温度履歴データのダウンロードを自動的に行い、正確な温度履歴データを包括的に収集することが可能となります。
ColdStream® RF Infrastructure は、無線通信技術を組み込んだメッシュネットワークを構成しており、輸送品の温度履歴情報や位置情報を収集し管理するプロセスの自動化を高信頼性・低コストで実現しています。
TempTale® RF モニターは温度・時間の上下限の設定が可能で、逸脱時にはアラームが起動します。また、見やすいLCDスクリーンで輸送状態を即時に判断することが可能です。

適用製品

データロガー

データロガー別ウィンドウ

温度の影響を受ける輸送品に関する貴重なデータを追跡および収集

温度インジケータ

温度インジケータ別ウィンドウ

温度の影響を受ける製品のラストマイルでの輸送を費用効率よくモニタリング

ストリップチャートレコーダ

ストリップチャート
レコーダ
別ウィンドウ

温度の影響を受ける輸送品に関する貴重なデータを追跡および収集

施設モニタリング

施設モニタリング別ウィンドウ

温度、湿度、状態モニタリングプロセスを自動化

ソフトウェア

ソフトウェア別ウィンドウ

TempTale4に記録した詳細データのダウンロード、表示、分析、レポート

アクセサリ

アクセサリ別ウィンドウ

コミュニケーションリンクツールなど